たび猫の南欧・モロッコ旅行記

南欧・モロッコ旅行記7日目

南欧・モロッコ旅行記7日目:タヴィラの町

 タヴィラの町は、とても小さくて静かでのんびりしている町だった。この町は紀元前4世紀頃ギリシャ人によって築かれたという。15世紀には重要な港としての役割を果たしていたというが、今は落ち着いた田舎町と言った感じだ。昨日までいたラーゴスは賑やかなリゾート地だが、同じアルガルヴェ地方にある町でもタヴィラはまたちょっと違う感じだ。

 でも、南部の港町なだけあり、町全体が明るい雰囲気がする。白くて小さい建物の細い石畳の小道などは、とても雰囲気が良い。私はどちらかというとリゾートで賑やかなラーゴスの町よりも、ちょっと落ち着いた雰囲気のタヴィラの町のほうが居心地が良かった。

 タヴィラの町は、だいぶスペインの国境に近いところにある。明日はバスに乗って、さらにスペイン国境に近いヴィラ・レアル・デ・サント・アントニオという町に行く予定だ。この町はスペインとの国境にある町で、ここから私たちはスペインに入る予定なのだ。この町を流れているグアディアナ川の対岸はもうスペインなのである。だから、明日予定通り行けば、明日の午後には私たちはスペインに入っていることになる。

 ということは、今日はタヴィラの町でポルトガル最後の夜を過ごすことになる。ポルトガルはどこの町も、人も町もどことなくのんびりした雰囲気が漂っていて、しかもどの町もそれぞれ美しさがあった。約1週間かけてリスボンからタヴィラまでやってきたが、これでポルトガルも終わりかと思うと、何だか寂しい気がする。本当はもっと北部の町も見たかったし、南部の他の田舎の町も色々見てみたかった(この頃には、ポルトガルは田舎の町が美しいということに気づいていた)。

 しかし、私たちはポルトガル・スペイン・モロッコを旅するという目的がある。しかも帰りの飛行機はスペインのマドリッドから乗らなければならない。だから少なくともスペインまではどうしても行かなければならないのだ。もう少しポルトガルでゆっくりしたい思いもあったのだが、同じくらいスペインとモロッコも見てみたかったので、予定通り私たちはこのまま進んでいくことにした。

 タヴィラのバス停で降りるとすぐに、客引きのおばさんにつかまった。部屋を見せてもらったら、まるで自分の家の一部を貸しているようなアットホームな感じの宿で、清潔で素敵な部屋だった。しかも、値段を聞いたら一泊2人で2500ポルトガル・エスクード(1880円)と安いので、すぐにそこに決めた。

 部屋が決まったので、荷物を置いてすぐにお昼を食べに出かけた。タヴィラの町の中心部にあるこじゃれたカフェに入ってお昼を食べた。やはりリスボンやラーゴスなどの町にくらべたら、物価が安い^^パンとかもおいしいし、嬉しくなってしまう。

 お昼を食べたあと相棒のMちゃんは疲れていたため、宿に戻って休むと言う。私は独りでのんびりタヴィラの町をお散歩♪真夏の昼間だったせいもあるのか、道にはあまりひと気がなく、静かできれいな町を堪能できた。そして歩けば歩くほど、私はタヴィラの町の雰囲気を好きになっていった。

 この旅行記を書いている今は2006年の夏で、私がタヴィラを訪れた時から7年もの月日が経っている。したがってタヴィラの町の細かい地理や景色などの記憶もだいぶ薄れてきてしまっているが、タヴィラの町の美しい雰囲気だけは覚えている。そして時々ふと、将来はタヴィラみたいな町で暮らせたら幸せだろうなと思うほど、私はタヴィラの町を気に入ったのであった。

 カフェで絵葉書を書いて出したり、ラーゴスの昨日の川平慈英のお兄さんに電話をかけたりしながら、午後の時間はのんびり過ごした。途中、映画館の前を通ったら、北野たけし監督の『花火』(たしか・・・)を上映しているのを見かけた。こんな田舎町で上映されているなんて、北野たけしの偉大さをはじめて実感したのであった(実は私は北野監督の映画を1本も見ていないもので・・・)。

 こうして、午後は一人で十分タヴィラの町を満喫することができた。1泊だけしかしないなんてもったいない気がする。いつか、仕事などに疲れたら休暇を利用してここでゆっくり夏をすごしてみたいものだと思ったりもした。

 私たちはたった1泊の滞在だったので泳ぎに行かなかったが、タヴィラにもビーチがあるらしい。タヴィラの町にはジラオン川という川が流れているのだが、町から2劼曚瀕イ譴燭修寮遒硫聾にタヴィラ島というのがあり、そこにビーチが広がっているらしい。行ってみたことがないのでなんとも言えないのだが、ホテルやレストランなどもあるらしいので、夏の間はけっこう賑わうのではないだろうか。

 賑やかなラーゴスでリゾート気分を味わうのも良いが、静かなタヴィラに滞在して少し離れたビーチに遊びに行く、なかなかこれも良いのではないかと思った。

スポンサード リンク


南欧・モロッコ旅行記・はじめに
登場人物紹介  今回の旅行のルート

南欧・モロッコ旅行記1日目
アエロフロートでモスクワへ  アエロフロートの達人あらわれる 

南欧・モロッコ旅行記2日目
モスクワからリスボンへ  リスボンでまずは宿探し  リスボンの町を散策  サン・ジョルジェ城 

南欧・モロッコ旅行記3日目
リスボン→シントラ→ロカ岬  ユーラシア大陸の西の果て、ロカ岬へ!  世界遺産の町、シントラ  ペーナ宮殿  リスボンへ帰る 

南欧・モロッコ旅行記4日目
ベレン地区  発見のモニュメントとベレンの塔  ジェロニモス修道院  クリスト・レイ  ポルトガルの民衆歌謡、ファド  初めてのファド♪  リスボン最後の夜のおまけ 

南欧・モロッコ旅行記5日目
リスボンからラーゴスへ  深夜特急と私  リゾートの町、ラーゴス 

南欧・モロッコ旅行記6日目
朝のラーゴスの町  サグレスへ  サン・ヴィセンテ岬  ラーゴスの夜 

南欧・モロッコ旅行記7日目
ラーゴス→ファーロ→タヴィラ  タヴィラの町  ポルトガル最後の晩餐 

南欧・モロッコ旅行記8日目
タヴィラ→ヴィラ・レアル・ド・サント・アントニオ→スペインへ  アヤモンテ→ウエルバ→セビーリャ  セビーリャの町  鍵のかからない共同シャワー 

南欧・モロッコ旅行記9日目
セビーリャ→アルヘシラス  アルヘシラス→タンジェ  いよいよタンジェの町へ上陸!  タンジェの旧市街メディナ 

南欧・モロッコ旅行記10日目
タンジェからモロッコの古都フェズへ!  やっとフェズへ到着!  迷路の町フェズ  旧市街を歩いてみる  モロッコ人、アディルたちと楽しい夕食♪ 

南欧・モロッコ旅行記11日目
今回の旅行最大の危機?!おとずれる  地獄の長距離バス  忘れられないミントティーの味  モロッコとアルケミスト 

南欧・モロッコ旅行記12日目
スペインのアンダルシア地方へ!  ロンダの町 

南欧・モロッコ旅行記13日目
ヌエボ橋  グラナダへ向けて出発  グラナダの町 

南欧・モロッコ旅行記14日目
アルハンブラ宮殿  王宮に入れない?!  いよいよマドリッドへ! 

南欧・モロッコ旅行記15日目
古都トレドへ行く  エル・グレコの家  トレドの町でお土産探し  本場のフラメンコショー初体験♪ 

南欧・モロッコ旅行記16日目
プラド美術館  魅惑的なスペイン料理♪  ソフィア王妃芸術センター  マドリードで初めてスリに遭遇!  最後の夜はリオハワインで乾杯! 

南欧・モロッコ旅行記17・18日目
旅の終わり 

メール
とても嬉しかったメール  メールお待ちしております!

リンク
旅行関連リンク


たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記(国内編)
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記